HOME > 柔道整復師とは

昔から「ほねつぎ」として広く知られ、現在は高校卒業後、厚生労働省の許可した専門の養成施設か、文部科学省の許可した四年制大学で基礎系科目、臨床系専門科目を履修します。国家試験を受け、合格すると厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。
資格取得後は、臨床研修を受け、「接骨院・整骨院」という施術所を開業できます。
また介護関連、スポーツトレーナー、病院勤務等へも柔道整復師の活躍の場は広がっています。


 接骨院・整骨院では、骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷などの外傷性の原因による骨、筋肉、関節など運動器系のケガに対する施術を行っています。

 健康保険法では、整骨院・接骨院での健康保険を利用しての治療は、療養費として規定されています。療養費は「償還払い」という患者さんが費用の全額を支払った後に、患者さん自身が健康保険組合等の保険者に請求手続きをして支給を受ける仕組みが原則とされていますが、柔道整復には、患者さんが健康保険の一部負担金を整骨院・接骨院に支払い、柔道整復師が残りの費用を保険者に請求する「受領委任払い」という方法が認められています。
 受領委任払い制度の適用には、療養費の支給申請書の受取代理人欄に、委任の署名が月毎に必要となります。

 一見同じように見えますが・・・
 接骨院・整骨院と整体・カイロプラクティックは似て非なるものです。
 接骨院・整骨院は国家試験に合格した厚生労働大臣免許の「柔道整復師」が施術を行っています。接骨院・整骨院の先生は国によって、その知識と技術が認められているのです。そのため、柔道整復師が行う施術は健康保険の適応対象となります。民間資格でしかない整体院では原則として健康保険が使えません。民間の資格は付与組織によって条件が様々なため、個々の整体師の実力を計りかねる部分があります。
 柔道整復師(接骨院・整骨院)は、皆様方の日常生活・スポーツ・労働災害・交通事故などによって発生したケガに対して健全で安心した施術を行う専門家です。








柔道整復師 整体/カイロプラクティック





名称 ○○接骨院 ▲▲整体院

□□整骨院 等  ■■カイロ院 等 

資格
卒業校の終了証

厚生労働大臣免許

国家資格




健康保険  ○使える ×使えない





交通事故・自賠責保険 ○使える ×使えない





領収証 ○使える ×使えない





労災保険 ○使える ×使えない